ラミネート加工

ホット・コールドラミネート、カードサイズから大判サイズまで

ラミネート加工とは、写真やプリンタープリント後の画像などを色あせ、傷、ほこりなどから守るために、表面に薄いフィルムを貼る加工方法です。安価で紙が強化され、長く展示、保存が可能です。

ホットラミネート加工

ホットラミネート加工

一般的には印刷した紙を保護し、丈夫にする為に加工します。紙がプラスチックの様な仕上がりになります。

両面(裏・表)を同時に約100℃以上の熱でポリエチレン系ののりを溶かし、専用のラミネーターで紙原稿に貼り付けます。表面はペット素材のフィルムですので、光沢があり透明感も抜群です。

ホットラミネート加工

このページのトップへ△

コールドラミネート加工

コールドラミネート加工

一般的には大判インクジェットでプリントされた用紙を保護する為に片面にラミネート加工をします。

用紙が紙の場合、両面ホットラミネート加工ですが、紙以外のメディアにはPETやエンビフィルムのコールドラミネート加工をします。加工方法はローラーの加圧により粘着性の糊を原稿に貼り付けます。

コールドラミネート加工

このページのトップへ△

圧着ハガキ

圧着ハガキ

圧着ハガキ(OPメール)とは、折りたたんだ時に定型ハガキのサイズになるように、接着したハガキのことをいいます。機密性に優れ、一度はがすと再び接着することはできません。ダイレクトメール、くじなどに効果を発します。

圧着ハガキ

このページのトップへ△

ラミネート加工ご注文の流れ

ラミネート加工の選び方

用途、プリントメディアに適したラミネート加工が不明瞭なお客様はこちらのぺージをご参考ください。

ラミネート加工の選び方

また、ラミネート加工に関する相談を承っております。お電話、mail等でお気軽にお問い合わせください。お客様のニーズに合った最良の方法を提案させていただきます。

このページのトップへ△

ラミネート加工後の特殊加工

ラミネート加工後の特殊加工

断裁・変形カット・穴あけ加工・ ハトメ・カシメ加工・スジ入れ加工・ポケット加工・製本加工など、ラミネート加工後の特殊加工も承っております。用途に合わせてご利用ください。

このページのトップへ△