入稿の際の注意

入稿の際の注意

お客様が当社へデータ入稿する際にいくつかの注意点があります。

スムーズかつ高品質な製作の流れを保つため、以下を参考の上、入稿データの作成をお願い致します。

データ製作、Illustratorの注意

バージョンについて

「Illustrator CS4」以下のデータでお持ちください。

アウトライン

アウトライン

データ内の文字は原則的にアウトラインを取ってください。

アウトラインは データ上の文字を全て選択、メニューから「文字→アウトラインを作成」で作成できます。

全ての文字がアウトラインになっているかの確認はIllustratorのメニューから「文字→フォント→検索・置換」でご確認ください。

画像の配置

  • 画像データがある場合は基本的にEPSファイルで「配置」してください。
  • 画像データをPhotoshopなどの画像加工ソフトでEPSデータに変換。Illustratorのメニューから「ファイル→配置」でEPSデータの画像を「配置」してください。
  • 配置の際は「リンク」にチェックが入っている事をご確認ください。画像データは埋め込まないで下さい。
  • 配置したEPSファイルはデータと同じフォルダ内に入れ、入れ忘れリンク切れが無いかご確認ください。

作成するサイズ

データはプリントするサイズと同じ、もしくは縦横比率が同じものを作成してください。

カットライン・トンボ

トンボ
  • プリントの後、カットします。カットするライン(四角)もしくはトンボをつけてください。
  • トンボはカットするラインを選択し、「フィルタ→クリエイト→トリムマーク」で作成できます。
  • 絵柄 はカットラインのギリギリではなく塗りたし(フカシ)を最低3mmとってください。
  • オンデマンドでのプリントは1mm程度のズレが生じます。断ち落とし(カットする部分)より3〜5mmには文字やラインを入れないで下さい。文字が切れたり、ズレが目立ちやすくなります。

このページのトップへ△

データ入稿時の注意

お持ち込みについて

保存メディア

データを当社に直接お持ち込みの場合、当社で取り扱える保存メディアはCD、MO、FD、スマートメディア、HD他、各種に対応しております。

OSはWindows、Macともにどちらでも対応しております。

メールでのデータ受け渡しについて

メール添付でのデータ受け取りも行っております。こちらは最大10MBまでのデータが送付可能です。

サーバーの利用について

10MB以上のデータは当社サーバーによる受け渡しが可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

このページのトップへ△

変形カッティングデータ製作の際の注意

プリントした原稿を自由な形でカットできる変形カッティングのデータ製作の際の注意事項です。

このページのトップへ△

ポッティングシールデータ製作の際の注意

立体感あふれるオリジナルシールを作ることができるポッティングシールのデータ製作の際の注意事項です。

このページのトップへ△

可変データの入稿方法

社員証や通し番号付きの会員証などの様に製作物のテキスト、画像の一部が変わる様な「可変データ」を入稿する際に当たっての基本的な注意点があります。

可変とならない部分

上記「データ製作、Illustratorの注意 」にある通り、通常通りの入稿方法でデータ支給して下さい。

可変部分

  • 氏名、番号等はテキストデータ(Microsoft Office ExceL等)で支給してください。
  • 写真等の画像データは埋め込まず、リンク配置して下さい。
  • 確認のため、仕上り(配置済)の出力紙、またはPDFファイルを添付してください。

このページのトップへ△

カラーレーザープリント
カラーレーザープリント

お見積り・お問い合わせはお気軽に。

株式会社ホクラミ

TEL:011-512-3378

FAX:011-512-4289

Mail:

hokurami@h-ls.com